審美治療で被せ物や詰め物を新しく!おすすめの素材と特徴

twitterアイコン
facebookアイコン
LINEアイコン
Index目次

ジルコニアの特徴

ジルコニアは他の歯の色に合わせて作れるため、自然な見た目に仕上げられるのがポイントです。

硬い素材なので割れる心配もなく、丈夫な人工歯が欲しい人に適しています。

しかし、セラミックと比べると透明感が少なくなっており、人によっては気になる場合もあるかもしれません。また、噛み合わせの歯の状態によっては、適さないこともあるので注意が必要です。

オールセラミックの特徴

オールセラミックはとてもきれいな見た目をしており、天然歯の色とほぼ変わらないのが特徴。

時間が経つにつれて変色するようなこともないので、ずっと使い続けたい人におすすめです。陶材で作られているため傷が付きづらく、細菌も繁殖しにくい点も魅力と言えるでしょう。

ただし、他の素材と比べると費用が高くなってしまう点はデメリットとなっています。

ハイブリットセラミックの特徴

素材に「セラミック」と「プラスチック」が使われたハイブリットセラミックは、オールセラミックの詰め物より安い費用で施術を受けられます。硬すぎない素材で他の歯・歯茎を痛める心配もなく、優しい使い心地なのが特徴。

オールセラミックよりは丈夫ではないので、場合によっては割れてしまうリスクがあることを理解しておきましょう。