そもそも「インビザライン」とは?矯正装置にはいろいろ種類がある!

twitterアイコン
facebookアイコン
LINEアイコン
Index目次

矯正装置の種類とそれぞれの特徴

歯列矯正に使用する矯正装置には、さまざまな種類があります。

インビザライン矯正はマウスピース矯正と呼ばれることも多く、透明なマウスピースを装着し、徐々に歯を移動させて歯並びを整えていく矯正方法です。

また、アライナーと呼ばれる、インビザラインとは異なるタイプのマウスピースを使う方法もあります。

ワイヤー矯正は、ブラケットという矯正装置を使用し、歯に装着したブラケットにワイヤーを通して力を加える方法です。

歯を大きく移動させられますが、目立ちやすい点がデメリットとなります。

インビザライン矯正のメリット

インビザライン矯正のメリットとして、矯正装置が目立ちにくい点が挙げられます。

インビザライン矯正で使用するマウスピースは、透明で目立ちにくいのです。そのため、歯列矯正中であっても、見た目をそれほど気にせずに済みます。

また、矯正装置を自由に取り外しできる点もインビザライン矯正の大きなメリットです。

矯正装置を気にせずに食事ができるのはもちろん、通常通りに歯磨きができるため、磨き残しのリスクも抑えられます。

ワイヤー矯正に比べ、装着中の痛みが小さい点もメリットのひとつです。

インビザライン矯正ができないケースとは

インビザライン矯正は、歯並びの状態によってはできないこともあります。

歯を大きく移動させる必要がある場合、ワイヤー矯正でないと対応できない可能性が高いです。抜歯を伴うか否かが、対応可否の判断基準のひとつと言えます。

ただし、インビザライン矯正でも抜歯を行った症例は存在しており、前歯が出ていたり、歯が生える向きに問題があったりする場合などは、抜歯をした上で治療が必要です。

抜歯の有無や使用する矯正装置の種類については、治療を始める前に詳しく確認しましょう。