審美治療はホワイトニングだけじゃない!メニュー別の治療メリットを紹介

twitterアイコン
facebookアイコン
LINEアイコン
Index目次

美しい歯に仕上げるホワイトニング

歯の色を白く美しい状態に仕上げるホワイトニングですが、ホワイトニングにも種類があります。自宅で行うのがホームホワイトニング、歯医者さんで行うのがオフィスホワイトニング、両方を並行して行うのがデュアルホワイトニングです。

これらの中でも歯医者さんで行うオフィスホワイトニングは即効性があるため、1回の施術でも効果が出やすくなっています。ただ、定期的に3~6回ほど通院するのが一般的です。

歯の色だけでなく形も改善できるラミネートベニア

ラミネートベニアとは、ホワイトニングでは白くならない前歯の変色や、気になる歯の大きさや形も短時間で美しく白い歯にできる治療方法です。

治療にはセラミックの薄い板(ベニア)を使用し、歯を少しだけ削ってそこにベニアを強固な接着剤で貼り付けます。化学的に貼り付けるため、見た目の違和感や脱落する心配はありません。比較的簡単に白い歯の色になるだけでなく、形も美しい状態に改善できるのがメリットです。

被せ物を自然に見せるセラミッククラウン

セラミッククラウンとは、セラミック素材の被せ物のことを指し、クラウンには差し歯も含まれます。被せ物や差し歯などの場合、適用される面積が大きいため、セラミックを使用することでより自然な仕上がりとなるのが特徴です。

また、このセラミッククラウンには金属を使わずすべてセラミックでできたオールセラミッククラウンや金属のフレームにセラミックを被せたメタルボンドクラウンなどの種類があります。

定期的に行いたいクリーニング

歯のクリーニングとは、虫歯の原因となる歯垢や歯石、着色などを除去する予防歯科治療のことです。通常は丁寧に歯を磨くことによって落とすことができる歯垢ですが、磨き残しなどによって歯に付着し続けるとやがて歯石に変化してしまいます。

歯石になってしまうと歯磨きによるブラッシングで落とすことが難しくなるため、歯科医院で除去してもらわなければなりません。歯石は放置しておくと歯周病の原因にもなるため、定期的にクリーニングを行うことが歯周病の予防にも効果的です。